エネルギー
 

三井化学、独企業と提携し、太陽光発電に関する診断・コンサルティング事業を開始

金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
2014/03/07 18:40
印刷用ページ
太陽光発電における三井化学グループの強み(出所:三井化学)
太陽光発電における三井化学グループの強み(出所:三井化学)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 三井化学は3月6日、ドイツのPI Photovoltaik-Institut Berlin社(フォトヴォルタイク インスティテュート ベルリン、以下PI社)と提携し、太陽光発電に関する診断・コンサルティング事業を開始すると、発表した。事業開始についてPI社と合意し、現在、独占的にライセンスを受ける契約の締結に向けて協議している。また、すでに国内の銀行や発電事業計画者、研究機関などと同事業に関する契約締結を進めている。

 PI社は、欧州を拠点に、研究・開発機能をもつ認定試験所として、世界市場を対象に太陽光パネルに関する試験、認証、研究・開発、太陽光発電所向けサービスを提供している。

 今後、国内で提供する太陽光発電の診断に関する具体的な内容は、太陽光パネルの選定時や設置前の品質・信頼性の評価、太陽光発電所の運用時における発電性能の評価、不良パネルの検出、発電所転売時における資産価値評価など。また、コンサルティングの具体的な内容は、発電所の計画・検収における支援、第三者評価レポートの発行など。

 欧州では、多くの太陽光発電所でパネルの出力不良などのトラブルが発生し始めており、設置前のパネルの品質評価、運用時の不具合を早期に発見するニーズが高まっている。太陽光発電事業への参入が増加している国内においても、今後同様の事態が発生すると予測されるという。

 三井化学グループは、太陽電池用封止シートなどの部材を提供するとともに、太陽光発電部材やパネルの分析・解析・試験サービスを提供しており、愛知県田原市に建設中の国内最大級の太陽光・風力発電所の事業者でもある。また茂原分工場には、診断・コンサルティング事業の開始に向けて、診断技術の実証発電所を建設中だ。
 

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング