エネルギー
 

サニックス、佐賀・武雄のパワコン生産能力を4倍に

赤坂 麻実=日経テクノロジーオンライン
2014/03/06 17:33
印刷用ページ

 サニックスは、佐賀県武雄市に太陽光発電システム用パワーコンディショナーの第2工場を新設する(発表資料)。工場の新設について2014年3月6日、武雄市との進出協定に調印した。第2工場は最大で3000台/月の生産能力を備える予定。同市内にある既存のパワーコンディショナー工場と合わせて、従来の4倍に当たる4000台/月の生産が可能になる。同社は低圧連系(50kW未満)の産業用太陽光発電システム事業に力を入れており、同システム向けのパワーコンディショナーの生産能力を増強する。

 第2工場は、既存物件を取得し、改装して生産設備を導入するかたちで新設する。また、隣接する土地を駐車場用地として賃借する。投資金額は8億4500万円(このうち土地建物取得費が1億7000万円)。工場予定地は佐賀県武雄市朝日町大字中野5337番地2。土地面積は1万2617m2(このうち借地4167m2)、建物の延べ面積は3942m2である。2014年4月に着工、同年8月に竣工し、操業を始める計画だ。従業員は100人を予定している。

 同社の2013年度(2013年4月~2014年3月)の全社売上高は約845億円となり、このうち「産業用PV」事業が525億円を占める見込み。同社の産業用太陽光発電システムは設計から製造、販売、施工、メンテナンスまで一貫して提供できることが強みという。パワーコンディショナーは武雄市で自社生産しているほか、外部メーカーへの生産委託で需要に対応している。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング