• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > TI、最大サンプリング速度が4Gサンプル/秒と高い12ビットA-D変換器ICを発売

TI、最大サンプリング速度が4Gサンプル/秒と高い12ビットA-D変換器ICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2014/02/19 23:47
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、最大サンプリング速度が4Gサンプル/秒と高い12ビットA-D変換器IC「ADC12J4000」を発売した。特徴は、消費電力が低く、外形寸法が小さいことだ。消費電力は1.9Wで、競合他社品に比べると約50%減を実現した。パッケージは、実装面積が10mm×10mmの68端子QFNで、「同様の製品の中では業界でも最も小さい」(同社)という。第3世代(3G)や第4世代(4G)の携帯電話方式に対応した受信機や、ソフトウエア無線対応機器、マイクロ波バックホール機器、テスト/計測器などに向ける。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓