• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > デンソー、吸気絞りバルブと共通のバルブボディに取り付けたEGRバルブユニットを開発

デンソー、吸気絞りバルブと共通のバルブボディに取り付けたEGRバルブユニットを開発

  • 浜田 基彦=日経Automotive Technology
  • 2014/02/18 15:18
  • 1/1ページ
 デンソーは、ディーゼルエンジンのLPL(Low Pressure Loop)EGR(排ガス再循環)システムの主要部品であるEGRバルブユニットを開発した。世界で初めて吸気絞りバルブとEGRバルブを共通のバルブボディに取り付けたのが特徴。従来と比べ、体積が半分になるとともに、構成部品の数が減り、コストが下がる。2014年に欧州で発売する乗用車に搭載される予定。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓