• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 「量子コンピューターに道を拓く第一歩」、GaN系量子ドットで単一光子源の室温動作を実現

「量子コンピューターに道を拓く第一歩」、GaN系量子ドットで単一光子源の室温動作を実現

  • 田中 直樹=日経エレクトロニクス
  • 2014/02/12 20:35
  • 1/1ページ
 東京大学 ナノエレクトロニクス研究機構は、位置制御したGaN系ナノワイヤー量子ドットを用いて、室温における単一光子の発生に成功したと発表した。単一光子源は、1個の光子に情報を載せて量子情報処理をする上で、重要な素子の一つである。今回の成果について同機構は、「量子力学に基づいて飛躍的な計算能力を発揮する量子コンピューターの本格実用化に道を拓く第一歩」(機構長で同大 生産技術研究所 教授の荒川泰彦氏)と位置付ける。

おすすめ