ニュース

神戸物産、福岡県に約4MWのメガソーラー稼働

2014/01/26 11:22
金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
印刷用ページ
稼働した「福岡県田川(第一・第二)太陽光発電所」(出所:神戸物産)
稼働した「福岡県田川(第一・第二)太陽光発電所」(出所:神戸物産)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 神戸物産は1月24日、福岡県田川郡川崎町に出力約4MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を稼働したと、発表した。発電所の名称は、「福岡県田川(第一・第二)太陽光発電所」で、約8万m2の設置面積に太陽光パネルを設置した。売電予定額は年間1億7570万円。発電量は、同社が展開する「業務スーパー」の61店舗に相当するという。
  
 同社は、2013年年12 月20 日付で「メガソーラー発電事業の進捗に関するお知らせ」を開示し、全国17カ所で合計約200MWのメガソーラーを建設し、売電事業に乗り出すと公表した。すでに2013 年12 月20 日時点で北海道に3カ所、兵庫県に3カ所、福岡県に1 カ所の計7カヵ所で、合計約8.2MW の売電事業を開始しているほか建設中の案件が、4カ所で合計7.2MW、土地取得済みの実施計画中の案件が3カ所で合計21.2MWとしていた。1月24日に稼働した「福岡県田川太陽光発電所」は、建設中としていた案件の1つ。

 これらの案件に加え、4カ所の自社工場の駐車場や屋根に設置する合計1.9MW、電力会社に系統連系を申請済み、もしくは申請中の案件が5カ所で合計171MWとなり、これらを合計すると207.6MWに達するという。初期投資は、稼働中、建設中、実施計画中の36.6MW分で111億400万円。

  • 記事ランキング