• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 電子化したレシート情報を家計簿アプリで利用、東芝テックと大日本印刷が共同開発

電子化したレシート情報を家計簿アプリで利用、東芝テックと大日本印刷が共同開発

  • 河合 基伸=日経エレクトロニクス
  • 2014/01/22 18:42
  • 1/1ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 東芝テックと大日本印刷は共同で、電子レシートと電子家計簿を連携するシステムを開発した。みやぎ生活協同組合の21店舗で2014年1月22日から実施する実証実験で有用性や利便性を確認した後、2014年度の事業化を予定している。

 通常は紙で提供されるレシートを、電子化してスマートフォンから閲覧できるようにする東芝テックの「スマートレシート」と、大日本印刷のスマートフォン向け家計簿アプリ「レシーピ!」を連携させて実現した。

 スマートレシートで記録した買い物の履歴データ(購入日、店舗名、商品名、価格、合計金額)をTSV形式のファイルとして書き出して、レシーピ!でまとめて取り込む。これにより、家計簿の課題である「入力する手間」を大幅に削減できるとする。店舗側には、レシートに使う紙の使用量の削減や、利便性の提供による顧客の囲い込みなどの利点が見込める。

 なお現在のシステムでは、ユーザー側でデータの書き出しや取り込みの作業が必要になる。今後は、データを自動的に家計簿アプリに取り込む機能を搭載する計画である。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ