• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 電子化したレシート情報を家計簿アプリで利用、東芝テックと大日本印刷が共同開発

電子化したレシート情報を家計簿アプリで利用、東芝テックと大日本印刷が共同開発

  • 河合 基伸=日経エレクトロニクス
  • 2014/01/22 18:42
  • 1/1ページ
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝テックと大日本印刷は共同で、電子レシートと電子家計簿を連携するシステムを開発した。みやぎ生活協同組合の21店舗で2014年1月22日から実施する実証実験で有用性や利便性を確認した後、2014年度の事業化を予定している。

 通常は紙で提供されるレシートを、電子化してスマートフォンから閲覧できるようにする東芝テックの「スマートレシート」と、大日本印刷のスマートフォン向け家計簿アプリ「レシーピ!」を連携させて実現した。

 スマートレシートで記録した買い物の履歴データ(購入日、店舗名、商品名、価格、合計金額)をTSV形式のファイルとして書き出して、レシーピ!でまとめて取り込む。これにより、家計簿の課題である「入力する手間」を大幅に削減できるとする。店舗側には、レシートに使う紙の使用量の削減や、利便性の提供による顧客の囲い込みなどの利点が見込める。

 なお現在のシステムでは、ユーザー側でデータの書き出しや取り込みの作業が必要になる。今後は、データを自動的に家計簿アプリに取り込む機能を搭載する計画である。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓