• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 東芝、シリアル・インタフェースを搭載したステッピング・モーター用ドライバICを発売

東芝、シリアル・インタフェースを搭載したステッピング・モーター用ドライバICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/11/29 10:51
  • 1/1ページ
 東芝は、シリアル・インタフェースを搭載したステッピング・モーター用ドライバIC「TB67S103A」を発売した。シリアル・インタフェースを介して、トルクや回転速度、回転方向などを制御できる。IDは最大4つ設定できる。従って、最大4個のステッピング・モーターを同時に制御可能だ。1組のシリアル・インタフェースで最大4個のモーターを駆動/制御できるので、信号数の削減によるシステムの簡素化や、実装面積の削減が実現できるという。プリンタやOA機器、ATM(自動預け払い機)などの金融端末、紙幣識別機、アミューズメント機器、白物家電などに向ける。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓