技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

WNISAT-1が想定内の軌道に乗っていることを確認

富岡 恒憲=Tech-On!編集
2013/11/21 21:55
印刷用ページ

 ウェザーニューズの北極海の海氷を観測する超小型人工衛星「WNISAT-1」が、2013年11月21日20時40分(日本時間)ごろから約15分間、千葉市美浜区のビル屋上に設置したアンテナ(主局)と東京大学に設置したアンテナ(副局)から通信を行える千葉/東京周辺上空を通過した。主局では、その間の約12分間、30秒に1回の頻度で衛星から送られてくるビーコン信号を受信。ビットエラーが発生しているため、信頼性の高い信号受信とはならなかったが、WNISAT-1が想定内の軌道に乗っていることが確認できた(関連記事)。

 ビットエラーが発生したことについては、幾つかの要因がある。まず、ロシアからWNISAT-1の軌道情報が届いていなかったため、予想軌道に基づいてアンテナの向きを決めざるを得なかったこと。アンテナの向きがずれると、信号のノイズレベルが上がる。加えて、千葉/東京周辺上空を通過する1回目のWNISAT-1の軌道では、仰角(エレベーション)が26度程度と低かったこと。仰角が低いほど、アンテナと人工衛星の距離が大きくなることから、信号の減衰によって信号のノイズレベルが上がる。

 WNISAT-1の2回目の千葉/東京周辺上空の通過時刻は同日22時20分ごろ(日本時間)から。今度は、軌道の仰角が30数度と高いうえ、ロシアから受け取ったWNISAT-1の正しい軌道情報に基づいてアンテナの向きを制御する。さらに、受信機の設定を調整するなどチューニングしてエラーのない信号の取得を目指す。エラーのない信号を取得可能な設定がはっきりすれば、それ以降はその設定を適用することで正確な信号を受信できるようになる。なお、2回目は地上側からのコマンド送信も試みる予定だ。

■変更履歴
記事掲載当初、タイトルの一部に不要な部分がついておりました。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。
【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング