• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 手持ち型の複合現実感システム、キヤノンが開発

手持ち型の複合現実感システム、キヤノンが開発

  • 三宅 常之=Tech-On!
  • 2013/11/18 18:30
  • 1/1ページ
 キヤノンは、手持ち型の複合現実感(MR:mixed reality)システムを開発、2013年12月中旬に発売する。MRシステムは、現実を映した映像と3次元CG(computer graphics)を重ねて表示するもの。さまざまな製品の設計段階で、デザイン(意匠)や操作性を評価できる。試作を経ずに試行錯誤ができるので、開発期間の短縮が見込める。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ