日経テクノロジーオンライン

ネクストエナジー、鹿島のメガソーラーに太陽光パネルと運用・保守サービスを一括提供

2013/11/11 01:50
金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
鹿島が栃木県那須町に建設中のメガソーラーの完成予想図(出所:鹿島)
鹿島が栃木県那須町に建設中のメガソーラーの完成予想図(出所:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

 大手ゼネコンの鹿島は、栃木県那須郡那須町に出力約2MWメガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設をすすめており、今年11月末には発電を開始する計画だ。同社が保有・運営するゴルフ場「那須ちふり湖カントリークラブ」に隣接する同社の所有地を有効利用するのが目的。同社自体による太陽光発電事業による売電では初めてとなる。

 同プロジェクトでは、敷地利用面積約3haに出力約2MWの太陽光パネルを設置し、年間発電量は約200万kWhを想定する。太陽光パネルは、ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ケ根市)が中国の協力工場で製造した製品を採用した。また、O&M(運営・維持管理)も、鹿島グループの鹿島建物総合管理を介してネクストエナジー・アンド・リソースが担当する。「太陽光パネル(太陽電池モジュール)納品とメンテナンスサービスを一括して担うことで、運転開始後もモジュールの検証、また交換や保証の実施がスムーズにでき、モジュールの最大限のパフォーマンスを引き出すことが可能となる」(ネクストエナジー・アンド・リソース)という。