• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Avago、絶縁型DC-DCコンバータ制御回路を搭載したゲート駆動用フォトカプラを発売

Avago、絶縁型DC-DCコンバータ制御回路を搭載したゲート駆動用フォトカプラを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/10/24 22:03
  • 1/1ページ
 米Avago Technologies社は、絶縁型DC-DCコンバータ制御回路を搭載したゲート駆動用フォトカプラ「ACPL-32JT」を発売した。ゲート駆動回路の出力電流は最大2.5A。車載半導体の品質規格である「AEC-Q100 グレード1」に準拠する。6チャネルのIGBT駆動モジュールなどに向けるという。このため、IGBTの飽和を防ぐ過電流検出機能や、ミラー電流クランプ機能、低電圧ロックアウト(UVLO)用フィードバック機能なども搭載した。具体的な用途としては、ハイブリッド車や電気自動車、プラグイン・ハイブリッド車に搭載するインバータ装置やDC-DCコンバータ装置、充電器、空調装置、オイル・ポンプ用モーターなどを挙げている。
【技術者塾】(8/31開催)
車載電子機器の中身はこうなっている/b>
~自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置~


本講座では、自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置を構成する電子部品について、実際に講師が分解した機器を見ながら解説いたします。分解の結果として、どこのどのような部品が使用され、今後はどのような機能や部品が使用されるかについての講師の考察についても述べます。市場の評価が高い、スバルのアイサイトについても解説いたします。 詳細は、こちら
日程 : 2016年8月31日
会場 : エッサム神田ホール
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓