• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Avago、絶縁型DC-DCコンバータ制御回路を搭載したゲート駆動用フォトカプラを発売

Avago、絶縁型DC-DCコンバータ制御回路を搭載したゲート駆動用フォトカプラを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/10/24 22:03
  • 1/1ページ
 米Avago Technologies社は、絶縁型DC-DCコンバータ制御回路を搭載したゲート駆動用フォトカプラ「ACPL-32JT」を発売した。ゲート駆動回路の出力電流は最大2.5A。車載半導体の品質規格である「AEC-Q100 グレード1」に準拠する。6チャネルのIGBT駆動モジュールなどに向けるという。このため、IGBTの飽和を防ぐ過電流検出機能や、ミラー電流クランプ機能、低電圧ロックアウト(UVLO)用フィードバック機能なども搭載した。具体的な用途としては、ハイブリッド車や電気自動車、プラグイン・ハイブリッド車に搭載するインバータ装置やDC-DCコンバータ装置、充電器、空調装置、オイル・ポンプ用モーターなどを挙げている。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ