EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

中国やインドでICを売るために必須のモジュール化、東芝がTransferJet無線ICの事例を紹介

小島 郁太郎=Tech-On!編集
2013/10/17 19:39
印刷用ページ

 スマートフォンやタブレットはモバイル機器の成長株。今後は中国やインドといった新興国での需要増大が期待される。新興国向け機器に採用されるためには、IC単体ではなくモジュール化して供給することが重要だと、東芝のエンジニアが訴えた。近接無線技術「TransferJet」対応の無線ICを題材に、モジュール化の意義や設計事例が講演で紹介された。

図1●TansferJet無線通信モジュール(赤枠)を紹介する岡野 資睦氏
Tech-On!が撮影。スクリーンは東芝のスライド。
[画像のクリックで拡大表示]
図2●スマートフォンの世界市場のシェア
東芝のスライド。
[画像のクリックで拡大表示]
図3●スマートフォンの中国市場とインド市場のシェア
東芝のスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 この講演は、「ZukenInnovation World 2013」(2013年10月10日と11日に横浜で図研が開催)で行われた。登壇したのは東芝の岡野 資睦氏(セミコンダクター&ストレージ社 システム・ソフトウェア推進センター システム実装技術担当 主務)である(図1)。同氏が見せたスライドによれば、2013年には世界市場におけるスマートフォンの出荷台数が前年比1.3倍の9.4億台に拡大し、フィーチャーフォンの出荷台数を初めて抜く。

 台数の伸びと共に同氏が指摘したのが、中国企業の台頭である。2013年の世界スマホ市場では韓国Samsung Electronicsが首位で32.47%のシェアを持つものの(台数ベース)、中国企業上位6社合計のシェアは約22%に達する(図2)。これは、世界市場2位の米Apple社のシェア13.63%の2倍に迫る数である。

 スマホで最大規模の中国市場を見てみると、さらに中国企業の勢力が強い(図3)。1位はSamsungで変わらないものの、シェアは17.7%に過ぎない。一方、中国企業上位5社の合計は47%を上回る。現地企業に勢いがあるのは、スマホで成長率最大のインド市場でも同じである。ここでも1位はSamsungだが、シェアは26%どまり。インド企業上位2社の合計はそれを上回る35%である。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング