• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 東芝、小型携帯機器に向けたSPDTバス・スイッチICを発売、端子間容量を15pFに抑える

東芝、小型携帯機器に向けたSPDTバス・スイッチICを発売、端子間容量を15pFに抑える

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/10/16 21:17
  • 1/1ページ
 東芝は、スマートフォンやタブレット端末、携帯型オーディオ・プレーヤ、デジタル・カメラといった小型携帯機器に向けた単極双投(SPDT:single pole double throw)バス・スイッチIC「TC7SB3157DL6X」を開発し、2013年11月に量産を開始する。特徴は、スイッチの端子間容量(オン容量)を15pF(+5V駆動時の標準値)に抑えることで、伝送速度の高速化に対応したことである。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓