• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 東芝、4レーンのDisplayPort信号に対応したSPDTスイッチICを発売

東芝、4レーンのDisplayPort信号に対応したSPDTスイッチICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/10/10 23:24
  • 1/1ページ
 東芝は、パソコンなどのディスプレイ向け映像信号インタフェース規格である「DisplayPort1.2」と「DislpayPort1.1a」に対応した単極双投(SPDT:single pole double throw)スイッチICを製品化した。2013年12月に量産を開始する。端子間容量を低減することで、10GHzの-3dB帯域幅を実現した。このため信号品質の劣化を抑えたデータ伝送が可能になる。今回は、2製品を用意した。パソコンのマザーボード規格であるATX規格に向けた「TC7DP612MT」と、BTX規格に向けた「TC7DP615MT」である。ノート・パソコンやデスクトップ・パソコン、サーバー、パソコン周辺機器などに向ける。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓