• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 東芝、4レーンのDisplayPort信号に対応したSPDTスイッチICを発売

東芝、4レーンのDisplayPort信号に対応したSPDTスイッチICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/10/10 23:24
  • 1/1ページ
 東芝は、パソコンなどのディスプレイ向け映像信号インタフェース規格である「DisplayPort1.2」と「DislpayPort1.1a」に対応した単極双投(SPDT:single pole double throw)スイッチICを製品化した。2013年12月に量産を開始する。端子間容量を低減することで、10GHzの-3dB帯域幅を実現した。このため信号品質の劣化を抑えたデータ伝送が可能になる。今回は、2製品を用意した。パソコンのマザーボード規格であるATX規格に向けた「TC7DP612MT」と、BTX規格に向けた「TC7DP615MT」である。ノート・パソコンやデスクトップ・パソコン、サーバー、パソコン周辺機器などに向ける。
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ