• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Analog Devices、±200gの衝突/衝撃を検出できるデジタル出力の3軸加速度センサーICを発売

Analog Devices、±200gの衝突/衝撃を検出できるデジタル出力の3軸加速度センサーICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/10/09 21:36
  • 1/1ページ
 米Analog Devices社は、±200g(gは重力加速度)の衝突や衝撃を検出できるデジタル出力の3軸加速度センサーIC「ADXL375」を発売した。MEMS技術で製造した。フルスケールは±200g(標準値)。この範囲において、衝突や衝撃を飽和なしで測定可能だ。出力データ・レートは0.1~3200Hzの範囲でユーザーが設定できる。-3dBの帯域幅は出力データ・レートの1/2となり、最大で1600Hzである。帯域幅が1600Hzにおける消費電流は140μAと少ない。同社によると、「従来の同等構成品と比べると、半分以下の消費電流で、2倍を超える出力データ・レートを実現した」という。
【技術者塾】(10/24開催)
不具合の未然防止に役立つ 組み込みソフトのモデリング

ソフトウエア技術者の設計力向上の勘所


ソフトウエア設計図(モデル)の具体例を紹介しながら基礎を解説します。「静的構造図」や「動的構造図」などを演習を通して作成。ソフトウエア技術者の設計力を高め、もっと速く楽に開発することを目指します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ