• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Analog Devices、±200gの衝突/衝撃を検出できるデジタル出力の3軸加速度センサーICを発売

Analog Devices、±200gの衝突/衝撃を検出できるデジタル出力の3軸加速度センサーICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/10/09 21:36
  • 1/1ページ
 米Analog Devices社は、±200g(gは重力加速度)の衝突や衝撃を検出できるデジタル出力の3軸加速度センサーIC「ADXL375」を発売した。MEMS技術で製造した。フルスケールは±200g(標準値)。この範囲において、衝突や衝撃を飽和なしで測定可能だ。出力データ・レートは0.1~3200Hzの範囲でユーザーが設定できる。-3dBの帯域幅は出力データ・レートの1/2となり、最大で1600Hzである。帯域幅が1600Hzにおける消費電流は140μAと少ない。同社によると、「従来の同等構成品と比べると、半分以下の消費電流で、2倍を超える出力データ・レートを実現した」という。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓