アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

Alpha & Omega、実装面積が3.5mm×5mmと小さい降圧型DC-DCコンバータの電力変換段モジュールを発売

山下 勝己=テクニカル・ライター
2013/10/03 21:31
印刷用ページ
 米Alpha and Omega Semiconductor社は、実装面積が3.5mm×5mmと小さい23端子QFNパッケージに封止した降圧型DC-DCコンバータの電力変換(パワー)段モジュール「AOZ5019」を発売した。2つのゲート・ドライバと2つのパワーMOSFETを1パッケージに収めたモジュールである。いわゆるDrMOSモジュールである。同社の第3世代のDrMOSモジュールになる。前世代品と比べると、外形寸法を小型化したとともに、スイッチング周波数を最大1.5MHzに高めた点が特徴である。ノート・パソコンやデスクトップ・パソコン、サーバー、グラフィックス・カード、メモリー・カード、家庭用ゲーム機などに向ける。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング