• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Alpha & Omega、実装面積が3.5mm×5mmと小さい降圧型DC-DCコンバータの電力変換段モジュールを発売

Alpha & Omega、実装面積が3.5mm×5mmと小さい降圧型DC-DCコンバータの電力変換段モジュールを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/10/03 21:31
  • 1/1ページ
 米Alpha and Omega Semiconductor社は、実装面積が3.5mm×5mmと小さい23端子QFNパッケージに封止した降圧型DC-DCコンバータの電力変換(パワー)段モジュール「AOZ5019」を発売した。2つのゲート・ドライバと2つのパワーMOSFETを1パッケージに収めたモジュールである。いわゆるDrMOSモジュールである。同社の第3世代のDrMOSモジュールになる。前世代品と比べると、外形寸法を小型化したとともに、スイッチング周波数を最大1.5MHzに高めた点が特徴である。ノート・パソコンやデスクトップ・パソコン、サーバー、グラフィックス・カード、メモリー・カード、家庭用ゲーム機などに向ける。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ