• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > SiC関連の国際学会「ICSCRM」が開幕、参加者は過去最高の800名弱に

SiC関連の国際学会「ICSCRM」が開幕、参加者は過去最高の800名弱に

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2013/09/29 23:16
  • 1/1ページ
2013年9月29日、宮崎県のフェニックス・シーガイア・リゾートでSiC関連の世界最大規模の国際学会「ICSCRM 2013」が開幕した。SiCパワー素子の実用化事例や採用事例が増加傾向にあること、SiCの研究開発が盛んな日本で開催されたことなどから、参加者は「800名弱とICSCRMとして過去最高」(ICSCRM運営関係者)だという。参加者の内訳は、約60%が日本で、残りの約40%が海外からである。海外では、米国とドイツ、スウェーデンの参加者が多いとする。
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ