• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > オン抵抗を低減した25V耐圧パワーMOSFETをIRが発売、DC-DCコンバータの出力密度向上が可能に

オン抵抗を低減した25V耐圧パワーMOSFETをIRが発売、DC-DCコンバータの出力密度向上が可能に

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/09/20 17:03
  • 1/1ページ
 米International Rectifier(IR)社は、オン抵抗を低減した+25V耐圧のパワーMOSFETを発売した。nチャネル品である。オン抵抗や全ゲート電荷量の違いなどで6製品を用意したが、オン抵抗が最も低い製品で0.70mΩ(ゲート・ソース間電圧が+10Vのときの標準値)である。このため、DC-DCコンバータに適用すれば変換効率の向上が可能になり、結果として出力密度を高められるとしている。具体的な用途としては、通信機器やネットワーク機器、サーバー、グラフィックス・カード、デスクトップ・パソコン、ノート・パソコンなどに搭載する同期整流採用の降圧型DC-DCコンバータ回路に向ける。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ