日経テクノロジーオンライン

「これほど“きれい”な打ち上げは今までなかった」、大成功だったイプシロンの打ち上げ

予定通りの軌道に乗ったSPRINT-A、太陽電池パドルを展開し太陽を捕捉

2013/09/15 07:24
富岡 恒憲=Tech-On!編集
 「ようやく心の底から笑える状態になった。最後は新しいものを生み出す、生みの苦しみを味わったが、終わってみたら最高だった」。宇宙航空研究開発機構(JAXA) イプシロンロケットプロジェクトチーム プロジェクトマネージャの森田泰弘氏は、9月14日16時15分から開催されたイプシロンロケット試験機の打ち上げ経過記者会見でこう語った。Tech-On!でも既に報道しているように、同ロケットは打ち上げをこれまで2度延期していた。しかも、そのうちの1回は、打ち上げのわずか19秒前での中止だった。多くの人々の期待を裏切ってしまった申し訳なさなどから、森田氏は精神的にも肉体的にも厳しい状況にあり、「眠れない日々もあった」と打ち明けている。今回の同ロケットの打ち上げを管制室から見守っていた同氏は、飛んだ瞬間、「心の中で『飛んだ』と叫んだ」と吐露した。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。