日経テクノロジーオンライン

グラビア印刷の線幅は7μmへ、日台協業で実用化

2013/09/17 05:00
大槻 智洋=NE特約記者、TMR台北科技
 台湾の研究機関であり、日本の産業技術総合研究所に当たるITRI(Industrial Technology Research Institute、工研院)と大手印刷機メーカーの小森コーポレーションが、タッチ・パネルの一部量産工程を、ロール・ツー・ロール(R2R)方式のグラビア・オフセット印刷で代替する技術を開発した(図1)。「グラビア・オフセット印刷で代替するメドをつけた。台湾のタッチ・パネル・メーカーが2014年に量産適用できるよう技術移転する」(ITRI)。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。