• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME日経エレクトロニクス > コニカミノルタ、重さ392gの携帯型超音波診断装置を発売

コニカミノルタ、重さ392gの携帯型超音波診断装置を発売

  • 小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
  • 2013/09/04 11:00
  • 1/1ページ
[画像のクリックで拡大表示]

 コニカミノルタは、携帯型の超音波画像診断装置「SONIMAGE P3」を2013年9月1日に日本と米国で同時発売した。重さは392g、ディスプレイ・ユニットの大きさは11.5cm×6.8cm。在宅医療や災害現場など、さまざまな場所での使用を想定する。価格は70万円。

 コニカミノルタの超音波画像診断装置としては、初の海外販売となる。今回の発売を契機に、海外での超音波事業の展開も加速する考え。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓