半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

ソニーが有機ELパネル搭載HMDの新機種発表、2次電池による駆動や無線での接続が可能に

根津 禎=日経エレクトロニクス
2013/09/03 15:08
印刷用ページ
「HMZ-T3W」
「HMZ-T3W」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
携帯機器との接続イメージ(図:ソニー)
携帯機器との接続イメージ(図:ソニー)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
無線接続のイメージ(図:ソニー)
無線接続のイメージ(図:ソニー)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ソニーは、有機ELパネル搭載のヘッドマウント・ディスプレイの新機種「HMZ-T3W」「HMZ-T3」を発表した。2機種に共通する特徴は、2次電池を搭載した「バッテリーユニット」を新たに追加したこと。同ユニットはHMDIケーブルなどでスマートフォンやタブレット端末などの機器と接続できる。これにより、「YouTube」といった動画やBlu-ray Discレコーダー内の録画番組などをHMDで視聴できるという。

 2機種のうちHMZ-T3Wは、無線通信規格「WirelessHD」に対応した。HMD用に映像を生成する「プロセッサーユニット」と、バッテリーユニットとをWirelessHDで接続できる。プロセッサーユニットから出力された映像をバッテリーユニットに伝送し、バッテリーユニットと接続したHMDにその映像を送る。従来機種では、プロセッサーユニットとHMDとの接続は有線だった。

 画像処理用LSIも改善し、従来機種の「HMZ-T2」に比べて表示画質を高めたとする。画像処理で発生する遅延も短縮したという。この他、装着性を高めるために、額に固定するヘッドパッドの大きさをHMZ-T2に比べて約1.8倍に拡大し、額にかかる圧力を分散・軽減した。

 両機種とも2013年11月中旬に発売予定で、価格はオープン。市場想定価格は、HMZ-T3Wが10万円前後、HMZ-T3が8万円前後とする。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング