• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > ソニーが有機ELパネル搭載HMDの新機種発表、2次電池による駆動や無線での接続が可能に

ソニーが有機ELパネル搭載HMDの新機種発表、2次電池による駆動や無線での接続が可能に

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2013/09/03 15:08
  • 1/1ページ
「HMZ-T3W」
「HMZ-T3W」
[画像のクリックで拡大表示]
携帯機器との接続イメージ(図:ソニー)
携帯機器との接続イメージ(図:ソニー)
[画像のクリックで拡大表示]
無線接続のイメージ(図:ソニー)
無線接続のイメージ(図:ソニー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは、有機ELパネル搭載のヘッドマウント・ディスプレイの新機種「HMZ-T3W」「HMZ-T3」を発表した。2機種に共通する特徴は、2次電池を搭載した「バッテリーユニット」を新たに追加したこと。同ユニットはHMDIケーブルなどでスマートフォンやタブレット端末などの機器と接続できる。これにより、「YouTube」といった動画やBlu-ray Discレコーダー内の録画番組などをHMDで視聴できるという。

 2機種のうちHMZ-T3Wは、無線通信規格「WirelessHD」に対応した。HMD用に映像を生成する「プロセッサーユニット」と、バッテリーユニットとをWirelessHDで接続できる。プロセッサーユニットから出力された映像をバッテリーユニットに伝送し、バッテリーユニットと接続したHMDにその映像を送る。従来機種では、プロセッサーユニットとHMDとの接続は有線だった。

 画像処理用LSIも改善し、従来機種の「HMZ-T2」に比べて表示画質を高めたとする。画像処理で発生する遅延も短縮したという。この他、装着性を高めるために、額に固定するヘッドパッドの大きさをHMZ-T2に比べて約1.8倍に拡大し、額にかかる圧力を分散・軽減した。

 両機種とも2013年11月中旬に発売予定で、価格はオープン。市場想定価格は、HMZ-T3Wが10万円前後、HMZ-T3が8万円前後とする。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓