• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > TI、待機時消費電流を最大90%削減できるタイマーICを発売

TI、待機時消費電流を最大90%削減できるタイマーICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/08/22 23:16
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、競合他社品に比べて待機時消費電流を最大90%削減できるタイマーIC「TPL5000/TPL5100」を発売した。TPL5000では、タイマー機能に加えてウォッチドッグ・タイマー機能を、TPL5100ではMOSドライバ機能を搭載した。いずれも消費電流は30nA(+2.5V駆動時の標準値)と小さい。例えば、マイコン搭載機器において、マイコン内部のタイマー機能の代わりに今回のICを使えば、マイコンは低消費電力のスリープ・モードに長期間とどまれるようになる。このため、既存の方式に比べて、機器全体の待機時消費電力を最大で80%削減できるという。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ