• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 羽毛より軽くて柔らかいセンサ・シート、東京大学などが開発

羽毛より軽くて柔らかいセンサ・シート、東京大学などが開発

  • 田中 直樹=日経エレクトロニクス
  • 2013/07/25 02:00
  • 1/1ページ
 東京大学 工学系研究科 教授の染谷隆夫氏らは、羽毛よりも軽くて柔らかいセンサ・シートを開発したと発表した。単位面積当たりの質量は3g/m2と軽い。普通紙の1/27程度の重さだという。また、厚さも2μmと薄く、しなやかに曲がるため、人体のような曲面にも貼り付けられる。軽くて薄いために、人体に貼り付けたときの違和感を抑えられることから、生体情報を継続的に計測する医療・健康用センサへの応用に染谷氏らは期待している。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓