• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > TI、利得帯域幅積が36MHzと大きい差動アンプICを発売、消費電流はわずか250μA

TI、利得帯域幅積が36MHzと大きい差動アンプICを発売、消費電流はわずか250μA

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/07/22 21:32
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、利得帯域幅(GB)積が36MHzと大きい差動アンプICを発売した。アンプ回路を1個(チャネル)搭載した「THS4321A」と、2個搭載した「THS4532」を用意した。1チャネル当たりの消費電流は250μAと小さい。同社によると、「競合他社品に比べて、GB積は7倍と大きく、消費電流は80%減と小さい」という。雑音特性にも優れている。入力換算雑音電圧密度は10nV/√Hz(1kHzにおける標準値)と低い。「
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ