• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > TI、利得帯域幅積が36MHzと大きい差動アンプICを発売、消費電流はわずか250μA

TI、利得帯域幅積が36MHzと大きい差動アンプICを発売、消費電流はわずか250μA

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/07/22 21:32
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、利得帯域幅(GB)積が36MHzと大きい差動アンプICを発売した。アンプ回路を1個(チャネル)搭載した「THS4321A」と、2個搭載した「THS4532」を用意した。1チャネル当たりの消費電流は250μAと小さい。同社によると、「競合他社品に比べて、GB積は7倍と大きく、消費電流は80%減と小さい」という。雑音特性にも優れている。入力換算雑音電圧密度は10nV/√Hz(1kHzにおける標準値)と低い。「
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓