• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Fairchild、ピーク効率が96%と高い最大15A出力の降圧型DC-DCコンバータICを発売

Fairchild、ピーク効率が96%と高い最大15A出力の降圧型DC-DCコンバータICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/07/19 20:44
  • 1/1ページ
 米Fairchild Semiconductor社は、POL(point of load)コンバータ用途に向けた降圧型DC-DCコンバータICの新ファミリ「TinyBuck」を発売した。コンスタント・オン時間制御方式を採用したPWM制御回路と、ハイサイド・スイッチ、ローサイド・スイッチを1パッケージに収めた。ハイサイドと・ローサイドのスイッチを駆動するゲート・ドライバ回路のデッド・タイムなどを最適化することで、競合他社品に比べて約2%の変換効率向上が図れるという。さらに、軽負荷時には、PFM制御方式を導入することで、変換効率の低下を防いだ。ノート・パソコンやサーバー、デスクトップ・パソコン、家庭用ゲーム機、無線通信基地局、ストレージ装置などに向ける。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓