日経テクノロジーオンライン

東京大学 鈴木研、「温度変化」発電素子を試作

2013/07/17 17:30
野澤 哲生=日経エレクトロニクス
 東京大学 大学院 工学系研究科 機械工学専攻の鈴木雄二氏の研究グループは、温度の時間変化を基に発電する「エレクトレット熱発電」素子を試作した。温度差を基に発電する熱電変換素子の補完的な役割を果たす可能性がある。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。