• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー > 色素増感型太陽電池を長寿命に、ニチバンなどが封止材を開発

色素増感型太陽電池を長寿命に、ニチバンなどが封止材を開発

  • 河合 基伸=日経エレクトロニクス
  • 2013/07/09 18:43
  • 1/1ページ
 ニチバンは、島根県産業技術センターと共同で、色素増感型太陽電池の長寿命化を可能にする封止材「Nichiban UM」を開発した。粘接着剤の基礎研究を続けてきたニチバンが封止材を試作し、色素増感型太陽電池を研究する島根県産業技術センターが評価・解析をして特性向上につなげた。
【技術者塾】(6/13開催)
自動車エンジンと制御部品の最新注目技術と今後のトレンド

基本構造から排出ガス規制、燃費低減技術、新興国対応までを解説


自動車向けエンジンとエンジン制御システムに関する最新技術や今後の方向性を実務経験豊富な講師が分かりやすく解説します。自動車エンジンや制御部品に現在求められる技術と今後の方向性の全てを1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月13日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ