• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー > 色素増感型太陽電池を長寿命に、ニチバンなどが封止材を開発

色素増感型太陽電池を長寿命に、ニチバンなどが封止材を開発

  • 河合 基伸=日経エレクトロニクス
  • 2013/07/09 18:43
  • 1/1ページ
 ニチバンは、島根県産業技術センターと共同で、色素増感型太陽電池の長寿命化を可能にする封止材「Nichiban UM」を開発した。粘接着剤の基礎研究を続けてきたニチバンが封止材を試作し、色素増感型太陽電池を研究する島根県産業技術センターが評価・解析をして特性向上につなげた。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓