• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 新日鉄住金、名古屋製鉄所で低品位炭を使えて省エネ性の高い新型コークス炉が竣工

新日鉄住金、名古屋製鉄所で低品位炭を使えて省エネ性の高い新型コークス炉が竣工

  • 高田 憲一=日経ものづくり
  • 2013/06/18 18:45
  • 1/1ページ
 新日鉄住金の名古屋製鉄所で2013年6月18日、省エネルギ性に優れたコークス製造技術「SCOPE21」を導入したコークス炉(第5コークス炉)が竣工した。SCOPE21は経済産業省管轄の国家プロジェクトで開発された、原料炭を事前急速加熱する技術。低品位原料炭の利用拡大や大幅な省エネルギを実現できる。加えて、製造するコークスの品質向上とコークス製造時間の短縮なども見込める。
【技術者塾】(8/24開催)
車載用樹脂製品のための樹脂材料の勘所


自動車部品に多く使われる樹脂材料を採り上げ、その基礎知識だけでなく、演習を通じて実務に役立つ実践力の習得を狙います。事例には、多くの自動車部品を採り上げて理解を深めます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 8月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓