家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

ARで「講義を拡張」、スペインの大学が授業に役立つHMDを開発

野澤 哲生=日経エレクトロニクス
2013/06/18 16:21
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 スペインの大学Carlos III University of Madrid(UC3M)は、AR(拡張現実感)対応HMD(head-mounted display)などを用いて学校の講義を補助するシステム「Augmented Lecture Feedback System(ALFs)」を開発したと発表した。

 このALFsは、AR機能付きHMDと生徒側のスマートフォンなど携帯端末、そしてサーバー機から成る。HMDを装着した教師が講義を進めると、各生徒の頭の上に、いくつかのシンボルが浮かんでいるのが見えるようになる。これは、生徒が講義の内容を理解できているかどうかを携帯端末で入力したシンボルで、理解できている場合はチェック・マーク、できていない場合は「×」、質問がある場合は「?」などが表示されるという(利用の様子を示したYouTubeの動画(スペイン語))。
 
 これにより、教師は各生徒の理解度をほぼリアルタイムに把握でき、理解度が低ければもっとゆっくり話をするべきなどの判断に役立つという。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング