• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > NXP、LED電球に向けたLEDドライバ制御ICを発売、効率は最大78%

NXP、LED電球に向けたLEDドライバ制御ICを発売、効率は最大78%

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/06/12 19:42
  • 1/1ページ
 オランダNXP Semiconductors社は、MR16型やAR111型などの白熱電球との互換性があるLED電球に向けたLEDドライバ制御IC「SSL3401HN」を発売した。同社が製品化しているスイッチング電源制御ICの実現技術である「GreenChip」を元に開発した。電力変換段は1つで、スイッチング素子は外付けで用意する必要がある。特徴は、変換効率が高いことだ。例えば、7W出力のMR16型LED電球を実現した場合、変換効率は最大で78%が得られるという。その際の全高調波歪み(THD)は最大15%、力率は0.9以上、LEDのリップル電流は最大±10%である。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ