• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 【PCIM 2013】「従来比で約2/3の大きさ」、日立が鉄道車両向けに、3.3kV/1200Aのパワー・モジュールを開発

【PCIM 2013】「従来比で約2/3の大きさ」、日立が鉄道車両向けに、3.3kV/1200Aのパワー・モジュールを開発

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2013/05/15 11:06
  • 1/1ページ
 日立製作所は、鉄道車両向けに新しいパワー・モジュールを開発し、2013年5月14~16日にドイツ・ニュルンベルクで開催中のパワーエレクトロニクス分野のイベント「PCIM 2013」で展示した。Siパワー素子を利用する。1500V架線での利用を想定しており、耐圧3.3kVで、電流値は1200Aである。従来の3.3kV品に比べて、大きさを約2/3にした点を特徴にする。具体的には、従来の190mm×140mmから、140mm×130mmに小さくした。
【技術者塾】
「決定版! アナログ回路技術者に必須のオペアンプを完全理解」(2016年6月23日(木))


オペアンプを基礎から十分に理解できていなければ、アナログ回路を設計したり応用したりすることはできません。本講座では、オペアンプの役割から詳細設計、実際に使用されているオペアンプの応用までを1日でマスターします。詳細は、こちら
日時:2016年6月23日(木)10:00~17:00
会場:化学会館(東京・御茶ノ水)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ