• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 【PCIM 2013】「従来比で約2/3の大きさ」、日立が鉄道車両向けに、3.3kV/1200Aのパワー・モジュールを開発

【PCIM 2013】「従来比で約2/3の大きさ」、日立が鉄道車両向けに、3.3kV/1200Aのパワー・モジュールを開発

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2013/05/15 11:06
  • 1/1ページ
 日立製作所は、鉄道車両向けに新しいパワー・モジュールを開発し、2013年5月14~16日にドイツ・ニュルンベルクで開催中のパワーエレクトロニクス分野のイベント「PCIM 2013」で展示した。Siパワー素子を利用する。1500V架線での利用を想定しており、耐圧3.3kVで、電流値は1200Aである。従来の3.3kV品に比べて、大きさを約2/3にした点を特徴にする。具体的には、従来の190mm×140mmから、140mm×130mmに小さくした。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓