• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 【決算】アルプス電気の通期は売上高がほぼ横ばいで減益、電子部品では車載向けが初めて5割を超える

【決算】アルプス電気の通期は売上高がほぼ横ばいで減益、電子部品では車載向けが初めて5割を超える

  • 大森 敏行=日経エレクトロニクス
  • 2013/04/30 20:04
  • 1/1ページ

 アルプス電気は2013年4月30日、2013年3月期(2012年4月~2013年3月)の連結決算を発表した。売上高は前期比3.8%増の5464億円、営業利益は同54.8%減の68億円だった。ゲーム機、パソコン、テレビ向けが落ち込んだのに加え、スマートフォン向けが顧客の計画変更により伸び悩んだ点が利益を押し下げた。一方、車載向けは好調で、電子部品事業では車載向けが初めて売上高の5割を超えた。

 電子部品事業は、売上高が前期比0.3%減の2680億円、営業利益が同95.0%減の2億円だった。このうち車載向けの売上高は同5.7%増の1400億円。自動車メーカーへの拡販により、インパネ、ドア・モジュール、通信モジュールなどが増加したという。一方、民生その他向けの売上高は同6.1%減の1280億円。スマートフォン向けのカメラ・アクチュエータやスイッチは伸びたものの、その他の民生向けが低迷した。

 連結対象のアルパインが手掛ける車載情報機器事業は、売上高が前年比9.8%増の2198億円。北米市場の自動車メーカー向け純正品が好調だという。営業利益は同58.7%減の23億円。HDDなどの部材コストが利益を圧迫した。

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓