日経テクノロジーオンライン

ルネサス、アイソレータを内蔵した絶縁型IGBTドライバを発売、EV/HEVのインバータなど向け

2013/04/25 22:25
山下 勝己=テクニカル・ライター
 ルネサス エレクトロニクスは、アイソレータを内蔵した絶縁型IGBTゲート・ドライバ「R2A25110KSP」を開発し、2013年4月末にサンプル出荷を始めると発表した。アイソレータは、コアレスのトランスを使った素子で、同社は「マイクロアイソレータ」と呼ぶ。絶縁耐圧は2500VRMSを確保した。電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)などのインバータに向ける。アイソレータとIGBTゲート・ドライバを1パッケージに収めたことで、インバータ制御基板の小型化が図れるとしている。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。