• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー > セルの落下による変形などが原因---三菱自動車、PHEVなどの電池トラブルの調査結果を発表

セルの落下による変形などが原因---三菱自動車、PHEVなどの電池トラブルの調査結果を発表

  • 吉田 勝=日経ものづくり
  • 2013/04/25 10:15
  • 1/1ページ
 三菱自動車工業は、2013年3月に発生した「アウトランダーPHEV」および「i-MiEV」のリチウムイオン2次電池トラブルの原因について発表した。原因は、電池セル製造ラインに2012年12月に導入したスクリーニング検査行程において、(1)作業時にセルを床に落としてしまったことで過大な衝撃が加わり、正極の集電体が変形したこと、(2)スクリーニング検査の際に加える振動が当初の設計よりも4倍程度大きく、これによって内部に金属片が発生したこと、により内部短絡を引き起こしたものとしている。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓