• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > 図研、設計参考情報を設計者へプッシュするナレッジ支援システムを年末発売へ

図研、設計参考情報を設計者へプッシュするナレッジ支援システムを年末発売へ

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2013/04/24 19:59
  • 1/1ページ
 図研は2013年12月に発売予定のナレッジ・マネジメント・システム「Knowledge Explorer」に、情報をユーザーへプッシュする機能を実装することなど、PLM(製品ライフサイクル管理)事業の2013年度の方針を明らかにした。Knowledge Explorerは企業内に存在する種々雑多な非定形の情報を集め、検索が容易なように整えるツール。これをBOM(Bill of Materials)システムなどと連携し、ユーザーがBOMにアクセスした際、関連する部品の情報を自動でプッシュする。
【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ