家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

LGの日本法人が液晶テレビの新製品を発売、ジェスチャー操作や検索機能を改善

田中 直樹=日経エレクトロニクス
2013/04/03 17:48
印刷用ページ
液晶テレビの新製品と、LG Electronics Japan マーケティング統括 常務の李起旭氏(左)、同社C.E.商品企画&マーケティングチーム部長の土屋和洋氏(右)
液晶テレビの新製品と、LG Electronics Japan マーケティング統括 常務の李起旭氏(左)、同社C.E.商品企画&マーケティングチーム部長の土屋和洋氏(右)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 LG Electronics Japanは、液晶テレビの新製品7シリーズ、17機種を2013年4月下旬から日本国内向けに順次発売すると発表した。今回発売するのは、同社が「LG Smart TV」と名付けた、さまざまな映像コンテンツやアプリケーション・ソフトウエア(以下、アプリ)を簡単に楽しめることを目指した液晶テレビの第2弾である。操作や検索を容易にすると共に、60型の大画面テレビをラインアップに追加した。

 操作性の向上のために、同社は今回、リモコンを改良した。デザインを一新して持ちやすさを改善したり、ボタンの位置を分かりやすくした。さらに、リモコンを振るだけで操作できるジェスチャー操作機能を強化して、数字を画面に描くと、そのチャンネルに直接切り替えられるようにしている。また、デュアルコアCPUを搭載することで、チャンネルやWebサイトの切り替えを従来の1.2倍に高速化した。Webサイトを検索する際には、リモコンのマイク・ボタンを押し、リモコンに向かって検索したいキーワードを話すだけで、素早く検索できるようにしている。この他、リモコンを使わずに、画面に向かって手をかざして動かすだけで、音量調節や選局などを実行できる機能も搭載した。

 製品ラインアップについては、今回初めて60型テレビを追加した。画面周囲の額縁やフレームと呼ばれる部分の幅を、2012年発売の55型テレビの4.9mmから今回2.6mmに縮小している。これにより、従来の55型テレビを設置できる空間があれば、今回の60型テレビも設置できるという。

 製品価格はオープンである。予想実売価格は、60型の2機種が35万円前後と27万円前後、55型の4機種が21万円前後~35万円前後、47型の3機種が16万円前後~23万円前後、42型の3機種が13万円前後~17万円前後、32型の3機種が6万円前後~9万円前後、26型が5万5000円前後、22型が4万5000円前後である。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング