日経テクノロジーオンライン

Linear Technology、周期を1ms~9.5時間の間で設定できる低周波用シリコン発振器ICを発売

2013/03/28 18:35
山下 勝己=テクニカル・ライター
 米Linear Technology社は、クロック出力信号の周期を1ms~9.5時間の間で設定できる低周波用シリコン(Si)発振器IC「LTC6995」を発売した。同社のシリコン発振器ICファミリ「TimerBlox」に含まれる製品である。電源が投入されたり、リセット信号が入力されたりすると、クロック信号の出力を開始する。長時間のパワーオン・リセット機能や、ウォッチドッグ・タイマ機能などの実現に向ける。1枚のシリコン・チップで実現した発振器であるため、動作温度範囲が-55~+125℃と広く、厳しい環境での動作が求められる車載機器や産業機器に向く。さらに、6端子TSOT-23、もしくは6端子DFNの小型パッケージに封止したため携帯型電子機器でも使えるとする。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。