機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

JST、科学技術イノベーション創出に向けた取り組みを説明、触感を伝える遠隔操作ロボットなどの研究を推進

大石 基之=日経ものづくり
2013/03/28 18:43
印刷用ページ
 JST(科学技術振興機構)は、科学技術イノベーション創出に向けた取り組みを説明した。JSTの基本的な考え方として、社会・産業に還元し得る最終的なイノベーション創出を加速するため、府省を超えた機関間の連携や、国内拠点や海外拠点との連携を強化することを目指している。その上で、戦略的な取り組みとして、「グリーン・イノベーション」、「ライフイノベーション」、「ナノテクノロジー・材料」、「情報通信技術」、「社会技術・社会基盤」、を特に重点推進していくべき5分野として設定している。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング