• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 富士通研ら、10Gビット/秒用の部品で100Gビット/秒の高速通信を実現する光伝送技術を開発

富士通研ら、10Gビット/秒用の部品で100Gビット/秒の高速通信を実現する光伝送技術を開発

  • 小島 郁太郎=Tech-On!編集
  • 2013/03/14 15:20
  • 1/1ページ
富士通研究所と富士通研究開発中心有限公司(本社:中国・北京)は、10Gビット/秒向けの汎用部品を使って100Gビット/秒の高速通信を実現できるという光伝送技術を開発したと発表した。この技術を4チャネル構成の光送受信器に適用することで、次世代データ・センターでの適用が期待されている「400Gビット/秒Ethernet用トランシーバ」を実現できるとする。
【技術者塾】(10/24開催)
不具合の未然防止に役立つ 組み込みソフトのモデリング

ソフトウエア技術者の設計力向上の勘所


ソフトウエア設計図(モデル)の具体例を紹介しながら基礎を解説します。「静的構造図」や「動的構造図」などを演習を通して作成。ソフトウエア技術者の設計力を高め、もっと速く楽に開発することを目指します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ