• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 富士通研ら、10Gビット/秒用の部品で100Gビット/秒の高速通信を実現する光伝送技術を開発

富士通研ら、10Gビット/秒用の部品で100Gビット/秒の高速通信を実現する光伝送技術を開発

  • 小島 郁太郎=Tech-On!編集
  • 2013/03/14 15:20
  • 1/1ページ
富士通研究所と富士通研究開発中心有限公司(本社:中国・北京)は、10Gビット/秒向けの汎用部品を使って100Gビット/秒の高速通信を実現できるという光伝送技術を開発したと発表した。この技術を4チャネル構成の光送受信器に適用することで、次世代データ・センターでの適用が期待されている「400Gビット/秒Ethernet用トランシーバ」を実現できるとする。
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ