• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > セイコーエプソン、基本波で500MHz出力が可能な電圧制御型水晶発振器(VCXO)を発売

セイコーエプソン、基本波で500MHz出力が可能な電圧制御型水晶発振器(VCXO)を発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/03/12 22:03
  • 1/1ページ
 セイコーエプソン、基本波で500MHz出力が可能な電圧制御型水晶発振器(VCXO)「VG-4513CBシリーズ」を開発し、サンプル出荷を開始した。一般に、ATカット水晶振動子の振動周波数を高めるには、水晶板を薄くする必要がある。このため量産性を考慮すると、基本波では200MHz程度が限界とされてきた。これ以上、高い周波数は、PLL回路や逓倍回路によって得られるが、スプリアス成分の発生やジッター特性の劣化という問題があった。今回同社は、水晶材料とMEMS技術を組み合わせた独自技術である「QMEMS」を利用することで、基本波で500MHzの発振を可能にした。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓