お薦めトピック

東芝メディカルシステムズが韓国現地法人を設立、「BRICsに続くNext Elevenとして重要性を増す」

2013/03/04 14:59
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline

 東芝メディカルシステムズは、韓国TI Medical Systems社の株式を韓国のPACSメーカーであるINFINITT Healthcare社から取得し、100%子会社として韓国現地法人を設立すると発表した。社名はToshiba Medical Systems Korea社(予定)。従業員は69名である。2013年4月に営業を開始する。TI Medical Systems社は、2009年に東芝メディカルシステムズとINFINITT Healthcare社の出資によって設立された。出資比率は、東芝メディカルシステムズが30%、INFINITT Healthcareが70%だった。

 東芝メディカルシステムズは、同社のX線CT装置の最上位機種である「Aquilion ONE」を韓国の主要医療機関に12台納入するなどの実績があるという。今回の現地法人化により、X線CT装置に加えて、MRIや超音波診断装置、X線診断装置なども投入してシェアを高めていく考えだ。

 韓国の医療機器市場は、今後の平均成長率が10%と予測されており、世界成長率(9.6%)を上回るという。「(韓国は)BRICsに続くNext Elevenとして重要性を増していく。高齢化社会を迎えると予測され、高度医療診断の需要増加による市場の成長も期待される」(東芝メディカルシステムズ)としている。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング