• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

東芝メディカルシステムズが韓国現地法人を設立、「BRICsに続くNext Elevenとして重要性を増す」

2013/03/04 14:59
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline

 東芝メディカルシステムズは、韓国TI Medical Systems社の株式を韓国のPACSメーカーであるINFINITT Healthcare社から取得し、100%子会社として韓国現地法人を設立すると発表した。社名はToshiba Medical Systems Korea社(予定)。従業員は69名である。2013年4月に営業を開始する。TI Medical Systems社は、2009年に東芝メディカルシステムズとINFINITT Healthcare社の出資によって設立された。出資比率は、東芝メディカルシステムズが30%、INFINITT Healthcareが70%だった。

 東芝メディカルシステムズは、同社のX線CT装置の最上位機種である「Aquilion ONE」を韓国の主要医療機関に12台納入するなどの実績があるという。今回の現地法人化により、X線CT装置に加えて、MRIや超音波診断装置、X線診断装置なども投入してシェアを高めていく考えだ。

 韓国の医療機器市場は、今後の平均成長率が10%と予測されており、世界成長率(9.6%)を上回るという。「(韓国は)BRICsに続くNext Elevenとして重要性を増していく。高齢化社会を迎えると予測され、高度医療診断の需要増加による市場の成長も期待される」(東芝メディカルシステムズ)としている。

【6/12(日)開催】日経デジタルヘルス・セミナー

『遠隔診療は医療を変えるのか?』
厚労省の“通達”から1年で見えてきたこと


2015年8月、医師と患者を情報通信機器でつないで行う「遠隔診療」の適用範囲について、より広い解釈を認める旨の通達を厚生労働省が出してから1年弱。遠隔診療を実践している医療従事者や遠隔診療サービス事業者を招き、臨床現場から見た“遠隔診療の今とこれから”を探ります。詳細はこちら

日時:2016年6月12日(日) 13:00~17:00(開場12:30予定)
場所:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)
主催:日経デジタルヘルス

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング