• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 三菱マテリアル、リアクトルから発生する騒音が小さい圧粉成形コアを開発---鉄損も低減

三菱マテリアル、リアクトルから発生する騒音が小さい圧粉成形コアを開発---鉄損も低減

  • 高野 敦=日経ものづくり
  • 2013/02/13 19:09
  • 1/1ページ
 三菱マテリアルは、DC/DCコンバータやパワー・コンディショナ、インバータなどの静音化および高効率化が可能なリアクトル用圧粉成形コアを開発した。電気自動車、太陽光/風力発電システム、エアコンといった製品への搭載を想定している。ベース材および添加材の組成や製造(添加/成形/熱処理)プロセスを見直すことで、従来品に比べて騒音や鉄損を低減できたという。
【技術者塾】(5/19開催)
クルマの軽量化の切り札 CFRPを使いこなす

材料物性から成形、設計、製品事例までを徹底理解


トヨタ自動車の「レクサスLFA」のCFRP製ボディーを開発した講師が、自動車メーカーの開発の考え方や、CFRPの材料物性や成形法、クルマへの適用事例などについて解説。CFRP製品の設計や生産技術の開発に必須の知識を1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月19日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経ものづくり

おすすめ