• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 富士通が半導体の抜本改革、パナソニックとシステムLSIのファブレス会社、TSMCらと製造会社を設立へ

富士通が半導体の抜本改革、パナソニックとシステムLSIのファブレス会社、TSMCらと製造会社を設立へ

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2013/02/07 22:07
  • 1/1ページ
 富士通は2013年2月7日、半導体事業の抜本的な構造改革として、パナソニックとの間でシステムLSI事業を統合すると発表した。富士通の100%子会社である富士通セミコンダクターとパナソニックがそれぞれ手掛けてきたシステムLSI事業の設計開発機能を統合し、ファブレス形態の新会社を設立することで基本合意した。富士通はこれに加えて、台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.)らと共同で、LSIの受託生産会社(ファウンドリー)を設立する方向でTSMCらと協議を進めており、この新会社に三重工場の300mmラインを移管する方針である。これらの施策は「いかに日本に(半導体の設計・製造を)残すかを考えた結果だ」(富士通 代表取締役社長の山本正已氏)とした。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓