ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

【決算】旭硝子の2012年通期は減収減益、今後は「FPD基板1本足打法」からの脱却目指す

大森 敏行=日経エレクトロニクス
2013/02/07 20:31
印刷用ページ
新中期経営計画を発表する代表取締役 社長執行役員の石村和彦氏
新中期経営計画を発表する代表取締役 社長執行役員の石村和彦氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
採用が進む「Dragontrail」
採用が進む「Dragontrail」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
同社が強みを持つLTPS向けに新製品「AN Wizus」を投入
同社が強みを持つLTPS向けに新製品「AN Wizus」を投入
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ガラス・インターポーザを2013年内に発売
ガラス・インターポーザを2013年内に発売
[クリックすると拡大した画像が開きます]
現在の「FPD基板1本足打法」からの脱却を目指す
現在の「FPD基板1本足打法」からの脱却を目指す
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 旭硝子は2013年2月7日、2012年通期(1月~12月)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比2.0%減の1兆1899億5600万円、営業利益は同43.9%減の929億4500万円の減収減益だった。通期で1000億円の営業利益を目指していたが、第4四半期の欧州の建築用ガラス事業の不振が響いたという。ほぼすべての事業で出荷は増加したが、欧州事業の不振に加え、電子関連製品の価格下落、エネルギー価格の上昇などが利益を圧迫した。

 電子部門は、売上高が前年から424億円減の3441億円、営業利益が前年から522億円減の813億円だった。売上高の内訳は、液晶ディスプレイ用ガラス基板などのディスプレイ関連が2894億円、電子部材が547億円である。液晶ディスプレイ用ガラス基板の出荷は前年よりも増加したが、価格下落の影響を受けた。ただ、下落幅は第2四半期以降は縮小したという。同基板は円建てで販売しているため、最近の円安により、顧客からの値下げ圧力は緩和されているとする。携帯電話機やデジタル・カメラ向けオプトエレクトロニクス用部材の出荷は堅調だが、半導体関連製品の出荷は減少した。

 ガラス部門は、売上高が前年から102億円増の5646億円で、営業損益は前年が99億円の黒字だったのに対し、40億円の赤字だった。化学品部門は、売上高が前年から87億円増の2573億円、営業利益が前年から36億円減の145億円である。

LTPS向け新製品やガラス・インターポーザを投入

 同社は、2015年に向けた新中期経営計画である「Grow Beyond-2015」も発表した。同社は従来、事業ドメインを「開口部材」(建築用ガラスや自動車用ガラス)、「表示部材」(ディスプレイ・ガラスやディスプレイ部材)、「エレクトロニクス&エネルギー部材」(オプトエレクトロニクス部材やエネルギー部材)と定義していた。これを「快適な生活・空間領域」「クリアな映像・通信領域」「クリーン&グリーンなエネルギー領域」に組み替える。同社の営業利益は、2010年に2292億円を記録して以降は右肩下がりだが、2013年から業績を反転させ、再び成長軌道に乗せることを目指す。

 「クリアな映像・通信領域」では、2011年1月に投入したスマートフォン/タブレット端末向けカバーガラス「Dragontrail」の採用が急拡大しているという。2012年には20社・60機種以上が同製品を採用したとする。米Apple社が採用していることも公表した。

 同社の中小型液晶ディスプレイ用ガラス基板「AN100」は、低温多結晶Si(LTPS)TFT向けでは圧倒的なシェアを誇る。同社は、熱収縮がより小さい新製品「AN Wizus」を市場投入予定であることも明らかにした。また、ガラス基板に微細な穴を開けたガラス・インターポーザ基板も2013年内に発売するという。

 同社の2012年の営業利益は、電子部門が4分の3近くを占めるといういびつな構成になっている。これを、2015年には半分強を電子部門、それ以外の部門で半分弱の構成にすることを目指す。同社 代表取締役 社長執行役員の石村和彦氏は「FPD基板1本足打法から脱却したい」と語った。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング