アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

スマホの電源回路を1パッケージに集約、TDKが部品内蔵基板を用いた複合電源管理モジュールを発売

大下 淳一=日経エレクトロニクス
2013/02/05 17:45
印刷用ページ
 TDKは2013年2月5日、スマートフォンやタブレット端末に向ける複合電源管理モジュールを発売した。独自の部品内蔵基板「SESUB(セサブ)」を用いて、降圧型コンバータ回路や2次電池用充電回路、液晶バックライト用電源回路など、スマートフォンやタブレット端末に搭載される主要部品の電源管理機能を1パッケージに収めた。外形寸法は11.0mm×11.0mm×1.6mmで、380端子のパッケージに封止する。個別部品を組み合わせて電源回路を構成する場合に比べて実装面積を最大60%低減でき、放熱特性や電磁雑音耐性も改善するという。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング