日経テクノロジーオンライン

セイコーNPC、紫外から赤外までの光を検出できる光スポット・センサーICを発売

2013/01/31 23:18
山下 勝己=テクニカル・ライター
 セイコーNPCは、紫外から赤外までの光を検出できる光スポット・センサーIC「SM3320」を発売した。従来、LED(発光ダイオード)を使った認証機器では、LEDの波長ごとにフォトダイオードとオペアンプなどで構成した光検出回路を用意する必要があった。今回は、紫外から赤外までの光を検出できる機能を1チップに集積したため、実装面積や部品点数の低減を実現できるとしている。紙幣や有価証券などの認証装置や光検出機器などに向ける。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。