• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 「BMW社やAirbus社も採用している」、Everspin社副社長に磁気メモリMRAMの現状と今後を聞く

「BMW社やAirbus社も採用している」、Everspin社副社長に磁気メモリMRAMの現状と今後を聞く

  • 大石 基之=日経ものづくり
  • 2013/01/25 17:13
  • 1/1ページ
 米Everspin Technologies社が、新型の不揮発性メモリ製品であるSTT(spin transfer torque)方式のMRAMの限定サンプル出荷を開始した。MRAMは、磁気メモリとも呼ばれ、HDDに使われる記録素子を半導体に応用した製品である。HDDに比べて、堅牢、高速、低消費電力といった特徴を持つため、産業分野や航空分野、自動車分野などに向く。同社は2008年ごろからMRAMの量産出荷を開始し、今回、新たな動作方式を採用した新製品であるSTT-MRAMの出荷を始めた。開発の狙いなどをEverspin社のVice President of WW SalesのScott Sewell氏に聞いた。
【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ